2020年に開催される
東京オリンピックの卓球に出場にすると

 

思われる平野美宇さんの事を調べてみました。

 

 

平野 美宇さんプロフィール

 

平野 美宇(ひらの みう)

  • 生年月日: 2000年4月14日
  • 競技種目: 日本の女子卓球選手。
  • 所属: JOCエリートアカデミー所属
  • 学歴: 2017年現在、大原学園高等学校在籍中。
  • 出身地: 静岡県沼津市生まれ、山梨県中央市出身。
  • 右シェーク両面裏ソフトドライブ主戦型。
  • ITTF世界ランキング最高位: 8位(2017年5月)。

 

 

「村松雄斗」の画像検索結果

同じ卓球選手の村松雄斗はいとこにあたる。

 

 

「伊藤美誠」の画像検索結果

同学年の伊藤美誠とは友人、

 

ライバル関係であり幼少期から
みうみま」の愛称でダブルスを組み、

 

 

最年少でITTFワールドツアーを優勝、
ワールドツアーグランドファイナルを優勝した。

 

 

また彼女達2000年前後生まれは女子卓球黄金世代とも呼ばれる。
史上最年少でワールドカップと全日本選手権のシングルスで優勝した。

 

 

 

またアジア選手権で日本人選手として
21年ぶりとなるシングルスでの優勝を果たすなど目覚ましい活躍を見せている。

 

 

 

スポンサーリンク




みうみまとは平野 美宇・伊藤美誠)

伊藤美誠とは幼少期からダブルスを組み、
ITTFワールドツアーは最年少優勝など

 

優勝3回、準優勝2回。

 

グランドファイナルは優勝、準優勝。アジア選手権準優勝。

 

世界ジュニア選手権準優勝などの結果を残した

 

またライバルとして切磋琢磨する関係であり、
最初はバンビの部、カブの部で優勝するなど平野美宇が
リードしていたが、2011年頃から伊藤美誠が最年少で

 

ITTFカデット、ジュニアオープンで優勝するなど
頭角を現し始め、最年少でワールドツアー優勝や
オリンピックメダリストになり、直接対決でも6連勝するなどリードした。

 

しかしリオオリンピック落選後は
平野美宇が最年少でワールドカップ・全日本選手権・アジア選手権で優勝したり、

 

直接対決でも4連勝するなど抜きつ抜かれつしている。

 

シングルスでの対戦成績は17戦中
平野美宇 8勝
伊藤美誠 9勝

 

その内決勝が4回、勝った方が優勝が11回である。
ITTF主催では7戦中、平野美宇4勝、伊藤美誠3勝。
その内決勝が1回、勝った方が優勝が5回である。

 

 

平野 美宇さんの成績・記録

記録
最年少記録
ワールドカップ女子シングルス 優勝 16歳
全日本選手権一般女子シングルス 優勝 16歳9カ月
アジア卓球選手権女子シングルス 優勝 17歳

 

ギネス世界記録
Youngest winners of an ITTF World Tour Doubles title (combined age)
「ITTFワールドツアー・ダブルス最年少優勝(合計年齢)」 伊藤美誠と共に達成
記録:27歳145日 (2014年3月30日)

Sponsored Links

 

 

 

卓球 平野美宇のパワーアイテムは『西野七瀬のサイン』と明かす

 

 

使用アイテム

ラケット

  • スティガ/オールラウンドエボリューション
  • スティガ/クリッパーウッド FLA
クリッパーウッド

楽天市場で探す
スティガ/オールラウンドエボリューション

スティガ/クリッパーウッド FLA

ART.NO.1020-5(STR),1020-4(FLA),1020-2(ANA),
1020-1(PEN)
MADE IN SWEDEN

 

 

 

ラバー

  • フォア
    • バタフライ/テナジー05
  • バック
    • バタフライ/テナジー05(-2017年1月)
    • バタフライ/テナジー64(2017年2月-)

 

ウェア・シューズ

ミズノ