平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧(けい、21)=神奈川大=がドーピング検査で陽性反応を示していたことが判明しました。

レースより前に実施された抜き打ち検査で検出されたという。夏季五輪では1984年ロサンゼルス五輪のバレーボール男子の選手から興奮剤が検出された事例がある。

ドーピング違反を巡っては、1月にカヌー・スプリントのトップ選手がライバル選手の飲料に禁止薬物を混入させる事例が発覚したばかりだというのになぜこのような事が起きたのか?

 

スポンサーリンク




斎藤 慧選手プロフィール

斎藤 慧

姉仁美も平昌五輪代表。
兄、弟も含めた4きょうだいの3番目。

 

生年月日1996-02-20
性 別
身 長161cm
体 重55kg
所 属神奈川大
競 技ショートトラック
種 目500
1000
1500
リレー
学 歴神奈川大在学中
国 籍日本
出身地神奈川県
主な戦績14年全日本距離別選手権1000メートル優勝

 

メダルほぼ確実に取れない圏内の選手がドーピングする意味ないから
これはなんか盛られましたかね

 

今回の日本のショートトラックって、
メダルに絡むような有力選手いないよな。
そもそも盛られるようなレベルまで行ってない気が・・

おそらく風邪薬じゃないかなあ。

 

抜き打ちって意味わからねー
ただの嫌がらせじゃねーか
試合の数日前と、終わった直後にやれば十分だろ。

 

あれだけロシアで騒いでたのに補欠がわざわざ禁止薬物なんて摂取するか?

 

なんで韓国でやった大会の時だけ窃盗だのドーピングだの
日本人を貶めるような事が起きるんだよ
どう考えてもおかしいだろ

盛られたのならかわいそうだけど
日本人選手としては冬季五輪史上初か
メダルも狙えなくて注目もされてなかったなら
ここで大記録達成出来て良かったのかもな

Sponsored Links

まとめ

斎藤選手がドーピングで陰性反応が出たわけですが
なぜ陰性反応が出たかが問題ですよね!

本当にドーピングをしていたら仕方がありませんが
メダル圏外の選手ようですが

ドーピングをしたらメダルが獲得できそうなレベルだったかというのも
チェックのポイントになります。

しかし日本でもドーピング問題があからさまに報道していますので
オリンピックというすごい舞台でリスクを冒してまで

ドーピングをするのは個人選手が行うのは首をかしげてしまいます。
国でドーピングをしている所もありましたが

冬季オリンピックで寒い地域ですから
風邪薬やそれに関する薬で陰性がでたと思いたいですね。

斎藤選手の疑いがはれて残りの試合で
思いっきり滑ってほしいと思います。

 

【追記】

斎藤選手は

マスキング剤として禁止されている
利尿薬のアセタゾラミド(acetalozamide)に陽性反応を示したと公表した。

このアセタゾラミドという薬は

・てんかん
・睡眠時無呼吸症候群
・緑内障
・メニエール病
・肝性浮腫
・心性浮腫
・肺気腫による呼吸性アシドーシスの改善

など臓器の病気に対して効く薬で
高山病予防などの治療薬

アセタゾラミドという薬は
筋肉増強剤を隠蔽(いんぺい)する目的などで使う人がいるため、禁止薬物にされています。

斎藤選手は、すでに任意で五輪村を離れたことや、
捜査が完了するまで五輪をはじめ他の大会への出場が暫定的に禁止となるようです。

なんだか残念な発表になってしまいましたね。

斎藤選手のコメント

ドーピング(違反)を行おうと考えたことはこれまでに一度もありません。
アスリートとして絶対にしてはいけないと理解していました。

また、けがをした時や体調を崩した時に処方される薬については、
事前に専門家に相談していましたし、日常の食事や飲み物にも気を付けていました。

私は、筋肉増強剤を使用したことがありませんので、
それを隠そうなどとは考えませんし

利尿剤を使用して体重を落とそうと考えたこともありません。
この薬を使用するメリットも動機も私にはありません。

今回の結果については身に覚えのないことで、不可解であると感じ、
自身の身の潔白を証明するために戦っていきたいと考えておりますが、

今、それを要求することはオリンピックを
戦っているチームに迷惑をかけると思ったので、

暫定資格停止という決定を受け入れ、
自発的に選手村を出てチームを離脱いたします。

最後までチームジャパンの一員として
同じ場所で戦いたいと思っていましたが、残念です。

チームを離れても一員として仲間を応援しています。